防音リフォーム

住まいに欠かす事の出来ない防音対策!

防音リフォーム

生活の中で確保しておきたいことといえば住まいの防音性です。防音性を高めておけば近隣で発生する音に悩まされにくいですし、自分の家から出す音で迷惑をかけてしまうことも起こりにくくなりますので住まいに欠かすことが出来ない対策と言えるでしょう。具体的な防音対策として一定の効果が期待できるのは二重窓です。音というのは窓から入ってきたり漏れることが多いですから、そこを二重にしておけば対策として非常に効果があります。ドアが2枚あると音が聞こえづらくなるのと一緒で窓が2枚あることで音は緩和されます。2枚の窓の間にある空気層が音を通しにくくするため外部から内部への音にも内部から外部への音にも効果があります。

 

家を建てる前ですと間取りを工夫することで音から逃れられることがありますが、建てた後ですとそういった対応ができない場合があります。そんな時に二重窓を採用すれば音の問題を解決できるかもしれませんから検討してみると良いでしょう。住まいの防音対策を行うことでテレビが見やすくなるということもあります。ドラマを見たり映画を見たりするのが好きな人は、大きな音で見たくなることもあるでしょうが防音対策をして防音効果を高めておけば通常よりも大きな音で楽しみやすくなるでしょう。

 

二重窓は、赤ちゃんが泣き止まなくて近隣に影響を与えてしまうのを防ぎたいという時にも役に立ちます。成長したら泣き止みますが、大きくなってからは集中して勉強できる空間を手に入れられることになりますので防音対策の効果は長続きすると言えます。また仕事から帰ってきて落ち着いて眠れる場所を確保できることにもなります。二重窓で防音効果を高めておけば、子どもから大人まで家族みんながメリットを感じられます。音から逃れるためには引っ越しをして住まいを変えるという手もありますが色々な事情でできない場合もあるでしょう。そういった時に窓を二重にすることで問題が解決できるかもしれませんから一度検討してみるのも手です。

マンションでのトラブル防止のための防音対策

防音リフォーム

マンションはコンクリートで作られたものが多く、防音対策は十分に行われています。しかしトラブルが起こらないわけでもないため、対策はしておくべきでしょう。防音採択で一番重要なのは床で、特にフローリングの床は音を発生させます。フローリングは硬いものですから、物がぶつかった時に大きな音が発生します。音が発生すると下の階に響いてしまうので、フローリングの床を使う時は注意がいります。フローリングの床の防音対策としては、床に音を抑えるものを敷くといいです。防音に使える商品は多くありますから、フローリングに敷いておけば、十分な対策になります。

 

他の点で対策すべきポイントは、壁から隣の部屋に伝わる音です。マンションはコンクリートで作られているので、隣の部屋にも大きな音は伝わりません。ただ全く伝わらないわけではないため、対策は必要です。壁の防音対策としては、壁に防音効果のあるものを貼る方法が効果的です。壁に何かを貼る作業は難しいので、場合によっては専用の会社に頼む事もあります。自分で対策をするのも可能ですが、壁の防音対策は手間がかかりやすいです。

 

簡単にできる壁の防音対策としては、テレビなどの音が出るものを壁から遠ざける方法もあります。壁は何かがぶつかることが少ないので、基本的には音が伝わりづらい所です。壁から音が伝わるのはテレビなどの音が中心ですから、テレビを壁から離すと対策になります。
マンションで防音対策をすることは、近所の方と良好な関係を築く上で重要です。そのためには防音対策が必要ですが、予め周囲に住んでいる方に話を聞くと良い対策になります。自分の部屋から周囲に、どのような音が伝わっているのかは分かりません。そういうことを事前に聞いておけば対策がしやすくなるので、周囲に住んでいる方と話し合うことは効果的です。マンションの防音対策はトラブルを未然に防げるので、対策をしておけばメリットを得られます。

遮熱カーテンは防音には強いのか?

防音リフォーム

外からの紫外線を遮ることで部屋の温度が上がるのを防ぐ効果のある遮熱カーテンを自宅の窓に使用している方はおおいですが、遮熱カーテンは裏地に光を通さない専用の裏地が付いているので遮光効果の他に防音効果も高いのではとイメージしている方は少なくありません。

 

主に遮熱効果のあるカーテンは、外からの日光を遮ることで部屋の温度の上昇を防ぐ仕組みとなっているため遮光カーテンとして販売されている場合が多く、このように複数の機能が付属しているカーテンは総じて機能性カーテンと呼ばれています。機能性カーテンは通常の一枚の布地で構成されているカーテンとは異なり、本体生地に合わせてアルミコーティングや酸化チタンコーティングを利用した特殊な生地の3層仕様となっているためアルミコーティングで遮熱効果を得ることが出来て、酸化チタンコーティングで遮音効果を実現することが出来るため、機能性カーテンを購入する際に防音効果も得たいと思っている場合には酸化チタンコーティングを利用しているカーテンを選ぶことが重要です。

 

特に防音機能に力を入れている機能性カーテンには、本体生地自体を二重織りで繊維と繊維の間に隙間を作る特殊な生地を採用しているためピアノを普段から自宅で演奏する方が多い方や、音楽鑑賞をしているという方でも室内から発生する音を吸収する吸音効果を期待することが出来ます。また遮熱カーテンを実際に窓に取り付ける際に、防音効果をアップさせるポイントとして窓から空気の漏れる隙間をできるだけ無くすように、ぴったりとカーテンで窓を覆うようにすることが大切です。防音機能が付いている機能性カーテンは特殊加工した生地を使用しているので、空気の流れを遮り高音域の音を聞こえにくくする仕組みとなっています。この機能性を少しでも損なわないようにするためにも窓のサイズ採寸も入念に行い、適切なサイズのカーテンを窓に設置することが防音効果をアップさせるためにも重要になります。

アパート選び疑問あるある:賃貸マンションとならどちらが防音性がよい?

防音リフォーム

賃貸選びをするにあたりアパートとマンションの二択が多いですが、まずアパートとマンションの違いは構造にあります。階数やエレベーターの有無、という話もありますが、大きな違いは構造です。アパートは主に木造や軽量鉄骨系、マンションは鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート系の構造で建てられています。これらの構造は柱や梁も違いますが、防音性に関わる一番のポイントは壁で、外部や隣の部屋からの音を一番伝えます。これは壁が何でできているかによります。

 

木造や軽量鉄骨は合板や名前の通り軽量の鉄骨なので、比較的軽い材料といえます。それに比べ鉄筋コンクリートは、鉄筋を中に通しセメントを固めたものなので質量は重くなります。質量の重い壁であれば音が壁の内部で吸収され、反対側に出てくる音を減らすことができます。反対に質量の軽い壁だと中で吸収されずに、そのまま反対側に音がでてきてしまいます。ゆえに建物内、部屋間の音の影響はアパートよりも賃貸マンションのほうが優れています。

 

防音性の問題として内部だけではなく外部も考える必要があります。室内の騒音は生活音や人の会話などで、大きさにも限度があります。ですが外部の騒音は、その建物の立地により異なります。静かな田園風景の広がる平地と常に電車や車が行き交う都会では、外から入ってくる音の大きさにも種類にも違いが出てきます。アパートかマンションかを選ぶ際は近隣環境も見てから決める人が多いので、都心と田舎ほどの差が出るとは考えにくいですが、外部の騒音を防ぐ点でもマンションのほうが優れています。コンクリートという素材の性質上気密性が高いからです。外部から入る音を壁で防げたとしても、他に透過させてしまうのもがあります。
それが窓です。壁に比べ窓の薄さははるかに薄いため、ガラスの種類を変えても壁よりも音を通してしまうことは明らかです。サッシからも音を通すため、二重サッシのほうがより防音性に優れていると言われています。

二重窓の防音効果とは

防音リフォーム

二重窓というのは本来断熱性能を求めて、窓と窓の間に空気層をもたせたサッシです。壁と異なり、窓はガラスでできていて音や気温の変化が直接伝わってしまうためどんなに壁を強度にしても窓から寒さや騒音が伝わっては意味がないですね。特に道路沿いや線路沿いに住んでいる方は、防音したいと思うのも不思議ではありません。逆に家の中の音が外に漏れるのが嫌という方もいるでしょう。

 

実際に二重窓に防音効果があるかというと、効果を期待することができます。無音にすることまでは難しいにしても、一般的に騒音と言われる80dbの音を公園程度の静けさである40dbまで落ち着けることも可能です。しかし音というのは振動で人の耳に伝えるものですので、大きい音や高い音はどうしても伝わってしまいます。それをも防ぎたい場合は二重窓の上、ペアガラスというガラスとガラスの間にも空気層をもたせたものにすれば効果はあがるでしょう。またガラスを遮音ガラスというのもあるようなので、そちらも利用してみるのもいいでしょう。住んでみたらある方向から音がうるさいという場合は、そちら側にある窓に厚手のカーテンをつけたり、壁付けの家具を置かないなどという工夫をしてみるといいでしょう。二重窓にしただけではすべての騒音をカットすることはできないかもしれません。

 

しかし二重窓のメリットは新築でなくても、既存の窓に追加することも可能ということです。持ち家で騒音に悩んでいるのであれば、防音効果があるサッシを二重窓にリフォームしてみるという方法も可能です。あくまで二重窓というのは断熱性能を高め、結露などを防ぐためのものです。それだけでは防音性能が特別高いものではありませんので、防音を希望される場合はガラスなどにも工夫が必要なようです。最近はそのようなガラスに工夫がされた防音性能の高い窓の取り扱いも増えていますので、一度窓の取り扱いがあるお店で相談してみるのがいいでしょう。